プロフィール

IMG_0219.png
Chalkfarm  吉永ひろみ
1980年生まれ  好きなもの コーヒー チョコレート
2003.3  栗田貴子氏の「Chalk Talk チョークアートスタジオ」入門
2007.3  日本チョークアート協会認定 インストラクター資格取得
     日本チョークアート協会認定 サインライター資格取得
     東京を拠点に「Chalkfarm」として活動を開始
     店舗メニューやウェルカムボードを手掛ける
2010     P.O.P COMPANY様から発売の「デコレーションシール」イラストを担当
2010     オーストラリア シドニーにワーキングホリデー
2012     沖縄に移住
2012     Jewel Scope マイスター・インストラクター取得
2016     日本チョークアート協会 運営事務局長に就任 4年間協会運営に携わる
-2020
オーダーにて結婚式のウェルカムボードや店舗用チョークアートを制作

 

       
資格
日本チョークアート協会認定 インストラクター
日本チョークアート協会認定 サインライター
ジュエルスコープ インストラクター
ジュエルスコープ マイスター
キッズABC児童英語講師
ドリームボード インストラクター

 

チョークアートを始めたきっかけ

チョークアートに出会ったのは私が22歳の頃です。当時の私は、絵とはかけ離れた航空会社に就職し、グランドスタッフ、客室乗務員の仕事をしていました。

小さい頃から絵を描く事が好きでしたが趣味で油絵を習う程度で、本格的に絵を学んだことはありませんでした。

初めて見たチョークアートの色鮮やかな第一印象は今でも忘れられなく、また絵を描きたいと思ったきっかけです。

当時、日本にはまだチョークアートを学べるところがほとんどありませんでしたが、

あるとき栗田貴子氏の「Chalk Talk Chalkart Studio」を見つけました。

幸運にも当時住んでいた東急線沿いにあり、仕事をしながら通い始めました。

今まで使ったことのなかったオイルパステルで、思うように表現できるチョークアート楽しさに心からワクワクしました。

教室から帰宅したら、その日描いたモチーフの色をノートに取り、そしてまた同じモチーフを描き直しておさらいするほど夢中になる日々でした。

それが私のチョークアートのはじまりです。

(写真は、栗田先生の現場作業でのアシスタントの一コマ。沖縄にて)

 

 

38BDA526-E73E-4173-A2B5-E9CE580E24AF.jpeg  

 

 

 

 

       

作品出展

JCA日本チョークアート協会 ちいさなチョークアート展2005 

JCA日本チョークアート協会 第1回~第10回 横浜赤レンガ倉庫チョークアート展出展 2007-2016

JCA日本チョークアート協会 舞鶴赤れんがパークチョークアート展出展 2017